Cybernet MBSE ソリューションセミナー 2018 〜MBSEから始まるMBD-CAEソリューション〜
更新情報
  • 2018/09/12 申込受付を開始しました。
  • 2018/09/07 タイムテーブルを公開しました。
  • 2018/08/27 Cybernet MBSE ソリューションセミナー 2018 日程を公開しました。

Cybernet MBSE ソリューションセミナー 2018 〜MBSEから始まるMBD-CAEソリューション〜

サイバネットは"真のシステムレベル・エンジニアリング"の実現を目指しております。
これまでサイバネットはモデルベース開発(MBD)を中心としたソリューションをご提案して参りましたが、近年ではより上流のモデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE)に対する市場の期待の高まりもあり、今年度新たにMBSE事業部を立ち上げ、MBSEの発展の一助となるべく活動しております。

本イベントは「MBSEから始まるMBD-CAEソリューション」をテーマに、真のシステムレベル・エンジニアリング実現のためにサイバネットが掲げるコンセプトを中心に、そのコンセプトを支えるテクノロジーのご紹介、国内外における最新のMBSE活動に関するご講演を用意いたしました。

ご参加の皆様が有益な情報を得られる場となれば幸いです。
多数のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

主催 サイバネットシステム株式会社
日時 2018年10月16日(火)
  講演 13:00〜17:30 / 情報交換会 17:45〜19:45
会場 TKPガーデンシティPREMIUM神保町(神保町駅 A9出口 徒歩2分)
対象 企業における
  • 役員、マネージメント職の方
  • CAE推進、業務改善のご担当者様
  • モデルベース開発、System-Level Engineeringに関わるエンジニアの方
  • 研究開発に関わるエンジニアの方
関連ワード MBD/モデルベース開発
システムズ エンジニアリング
MBSE/モデルベースシステムズエンジニアリング
自動運転、運転支援(ADAS)
定員 200名
参加費 無料 (事前登録制)
申込方法 Web 事前申込み制

タイムテーブルはこちら

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

タイムテーブル

13:00〜13:15
サイバネットからのご挨拶
13:20〜14:05
※同時通訳あり
MBSE Adoption Journey
No Magic Asia 社
Business Development Director (Asia)
Ho Kit Robert Ong 氏

We have been actively helping a number of global enterprises adopting Model-Based Systems Engineering (MBSE).
In this opportunity, we will share the factors contributing to the successful implementation of MBSE and the characteristics of successful MBSE adoption.
We will also discuss the challenges pushing the MBSE adoption and the common pitfalls that we will encounter during the adoption process.
At the end of the presentation we will share our MBSE adoption strategies to think big, start small, and evolve.

14:10〜14:55
ダイハツ駆動制御によるMBSEへの挑戦(チャレンジ)
ダイハツ工業株式会社
駆動開発部 駆動制御開発室 室長
林 秀一 氏

ダイハツ駆動制御開発において、手の内化したV字プロセスを軸に更なる制御品質の向上を目指すとともに要求に基づいた制御設計方法を確立すべく、ダイハツ流MBSEプロセスを考案した。時代の要請に伴い高効率/高品質の変速機を開発するため、現在完成に向け推進中のMBSEプロセスについてダイハツ独自の考え方や実施事例を紹介する。

14:55〜15:15
Coffee Break
15:15〜16:00
※同時通訳あり
ModelCenter: Unlocking the Promise of MBSE
Phoenix Integration 社
Technical Business Development Director
Scott Ragon 氏

ModelCenter is a vendor neutral software framework used by leading organizations worldwide to reduce product development costs, improve engineering efficiency, and design more competitive products. This is achieved by the automation of engineering software tools and the creation of automated multi-tool workflows. In this presentation, you will learn how these automated ModelCenter workflows can be integrated with MBSE system models (SysML models) to unlock the promise of MBSE. These integrated models can be used by engineers throughout the design process to validate system requirements and optimize the system design. Industry case studies will be presented illustrating how the integrated solution works and how it can be used to reduce the cost and risk of complex system design.

16:05〜16:50
運動性能検討におけるシステムズエンジニアリングの活用と挑戦
株式会社本田技術研究所
四輪R&Dセンター 第11技術開発室 主任研究員
坪内 淳志 氏

昨今の自動車開発では、“走る・曲がる・止まる”の継続的な進化に加え、快適な乗り心地につながる音・振動への管理要求が非常に高くなり、コストや重量等の制限の中で性能両立がより一層複雑かつ困難となっている。そのため、クルマ1台分の目標性能を実現させる、システムや部品に対する性能割付の論理性や背反性が可視化できる開発がより一層求められている。 本講演では、システムズエンジニアリングを適用した運動性能検討の可視化に関する試行錯誤について紹介する。

16:55〜17:25
※同時通訳あり
MBSE for all: Towards a next generation model based engineering framework based on executable requirements
Maplesoft 社
Chief Operating Officer and Chief Scientist
Laurent Bernardin 氏
Director of Model-based Systems Engineering
宮下 尚 氏

The promise of model based systems engineering is to address problems of exploding complexity in engineering projects. However, today, even at companies that have already started to implement an MBSE process, the practice is typically limited to a small number of experts in systems engineering. This is not enough. To fully realize its potential, MBSE has to become the central hub of engineering, the "truth" that every engineer contributes to and bases decisions on.
MapleMBSE fosters broad adoption of MBSE within a company by eliminating the need for engineers to learn and understand SysML or similar, complex languages. Now, a familiar user interface, Excel, which is especially well suited to data entry and display, allows easy interaction with MBSE data using customizable table views.
In this presentation we will talk about the current state of MapleMBSE and discuss our vision and roadmap to lift MBSE from a tool for specialist system engineers to a pervasive practice for all engineers on a project.

17:25〜17:30
閉会のご挨拶
17:45〜19:45
情報交換会

 

お問い合わせ

「Cybernet MBSE ソリューションセミナー 2018」に関するお問合せはこちら
サイバネットシステム株式会社 SI事業本部 事業推進統括部 イベント事務局
Email esinfo@cybernet.co.jp