PIDO-DAY 2018〜 CAE・PIDOの設計者展開:効果と課題 〜

PIDO-DAY 2018 〜 CAE・PIDOの設計者展開:効果と課題 〜

更新情報
  • 2018/05/22 PIDO-DAY 2018(名古屋)の申込受付を開始しました。
  • 2018/05/21 PIDO-DAY 2018(東京)が満席となり、申込受付を終了しました。
  • 2018/05/16 名古屋は「ミッドランドホール」で開催します。
  • 2018/05/16 東京会場満席御礼に伴い、名古屋会場での追加開催が決定しました。
  • 2018/04/17 PIDO-DAY 2018 の申込受付を開始しました。(東京/ベルギー王国大使館)

昨年は「CAE:導入効果の証明」をテーマに、PIDO導入の結果、どのように効果を計り、どのように見える化するか、についてご参加の皆様とともに議論いたしました。活発な質疑応答を通して、各社の成功事例から多くの知見を得たという反響をいただきました。

 また、いただいたアンケートからは、導入したCAEツールや培った知見を、一部のCAE専門技術者に留めずに幅広く設計者にも展開し、効果の最大化を図るか、も大きなテーマであるとの意見をいただきました。

 そこで今回は、「CAE・PIDO の設計者展開:効果と課題」と題し、設計部門でのCAE・PIDO展開の事例、効果、プロセス、課題を通じて議論の場をご提供いたします。

CAE・PIDOの推進・展開を目指す皆様とともに双方向での議論を交えながら深く考える場となれば幸いです。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。


5月22日以前に、東京会場にお申込みいただいたお客様へ
名古屋会場での参加をご希望される方は、こちらからご連絡ください。
お問い合わせ内容欄に【PIDO-DAY 7/10名古屋に変更】とご記入下さい。

開催概要

東京 名古屋
日程 2018年6月8日(金)
13:30〜17:55 (13:00受付開始)
2018年7月10日(火)
13:30〜17:55 (13:00受付開始)
会場 ベルギー王国大使館 [地図]
東京都千代田区二番町5-4 
(最寄駅:東京メトロ・麹町駅)
ミッドランドホール [地図]
名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア オフィスタワー5F 
(最寄駅:名古屋駅より直結)
定員 100名 40名
主催 サイバネットシステム株式会社
対象 ・Optimusユーザ様
・サイバネットシステム取扱製品ユーザ様
・PIDO推進に取り組まれているマネージャーの方、または展開責任者
参加費 無料 (事前登録制)
お申込み方法 上記の「お申し込み」ボタンから専用フォームにてお申込みください。 (Web 事前申込み制)

※PIDO-DAY 2018は、Optimusユーザ様優先のセミナーとさせていただきます。
※講演終了後、全員がご参加いただける情報交換会を予定しています。


お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、PIDO-DAY 2018 のご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
該当のお客様には、開催日の1週間前までに別途メールでご案内をさせて頂きます。
ご理解の程お願いいたします。

定員数に達した場合
 定員数に達した場合は、Optimusユーザ様を優先させていただきます。
最少催行人数に達しない場合
ベンダー様、競合企業様からお申込み頂いた場合
個人のお客様からお申込み頂いた場合
ご所属団体以外のメールアドレス(フリーアドレス等)でお申込み頂いた場合

タイムテーブル

時間
13:30-13:45挨拶・コンセプト紹介
13:45-14:35 ユーザ講演
次世代型メカニカルシールの最適設計プロセスの自動化と設計者展開

イーグル工業株式会社
技術研究部 技術研究課
課長 徳永 雄一郎 氏

14:35-14:55Coffee Break 〜展示コーナーにて、デモ展示をご覧ください〜
14:55-15:45 ユーザ講演
バッテリ制御システム開発における最適化・自動化プロセスの有用性

株式会社本田技術研究所
四輪R&Dセンター
主任研究員 西田 義一 氏

15:45-16:15 サイバネット講演

サイバネットシステム株式会社

16:15-16:25休憩・移動
16:25-17:55 情報交換会
※PIDO-DAY参加者様は全員ご参加いただけます。

講演概要

ユーザ講演 次世代型メカニカルシールの最適設計プロセスの自動化と設計者展開

イーグル工業株式会社 技術研究部 技術研究課
課長 徳永 雄一郎 氏

超低トルクとゼロリークを両立させることができる次世代型メカニカルシールの開発において、数値解析による最適設計技術は、製品化を進める上で不可欠な技術となりつつある。本講演では、内製プログラムとOptimusの連携による自動最適設計ツールを作成し設計者へ展開する取り組みにおいて、その課題、プロセス、苦労した点について紹介する。

※本講演資料の公開予定はございませんので、予めご了承ください。

ユーザ講演 バッテリ制御システム開発における最適化・自動化プロセスの有用性

株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター
主任研究員 西田 義一 氏

電動車両のバッテリ制御システムは対象の性能を左右する重要な技術の一つである。中でもバッテリ状態を的確に把握する技術は各社で様々な手法があるが高い技術ノウハウが必要な領域である。現場技術者は制御アルゴリズム及びデータ適合に関する専門性を必要とし、車両に応じた制御ソフトウェア開発とデータ適合作業に多大な工数が必要とされている。本公演ではOptimusを用いた開発現場が直面している課題解決に向けて取り組んだ内容の紹介を行う。

※本講演資料の公開予定はございませんので、予めご了承ください。

※タイムテーブル、講演者、講演内容は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承願います。

ご案内リーフレット

ご案内リーフレット

過去の開催情報

「PIDO-DAY 2017 〜 CAE:導入効果の証明〜」はこちら
「PIDO-DAY 2016 〜PIDOの設計者展開を目指して〜」はこちら

お問い合わせ

サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
PIDO-DAY 2018 事務局
TEL 03-5297-3299
Email optimus_info@cybernet.co.jp


セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:30 ※土日祝日・弊社特別休業日は除く。)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール