[参加無料]
レーザー光学系設計・解析のための
CODE V機能紹介セミナー

CODE V は、様々なタイプの光学系を対象とする汎用光学設計解析ソフトウェアです。レンズ、ミラー、プリズム、回折素子、偏光素子などの光学素子によって構成されるレーザー光学系も扱うことができます。

レーザー加工機やファイバ結合光学系など、レーザー光の集光光学系には高精度な収差補正能力が求められることがありますが、こうした光学設計にCODE Vの高性能な最適化機能を活用することができます。

また、CODE Vは高精度な波動光学的伝播シミュレーションを行なうための機能ビームシンセシス伝播を備えています。この機能では回折や偏光なども考慮されるため、レーザービームが光学系を伝播する過程を高精度で把握することができます。

本セミナーでは、このようなレーザー光学系開発に有用なCODE Vの各種機能、およびその活用事例をご紹介します。

以下のような課題をお持ちのお客様は是非参加ご検討ください!

  • レーザー光学系の集光特性など性能を改善したい。
  • 光学系内でのレーザービームの伝播をシミュレーションしたい。
    (特に、回析や偏光の効果を考慮したい。)
  • CODE Vがレーザー光学系の研究・開発業務に役立つか確認したい。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。
※キャンセル待ちをご希望の方はお問い合わせください。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

開催概要

  東京
開催場所 東京本社
セミナールーム
定員 20名
参加費 無料
対象者 ・CODE Vをご利用中、または導入にご興味のある方
・CODE Vのレーザー関連機能の概要を把握されたい方

紹介製品

  • CODE V
    光学設計・シミュレーション解析

アジェンダ

  1. レーザー光学系の特徴
  2. レーザー光学系設計・解析のためのCODE V機能紹介
    • 各種光学素子のモデリング
    • 光学系の最適化
    • レーザービームの波動光学的伝播シミュレーション
    • ファイバ結合効率計算
    • その他
  3. 事例紹介
  4. Q & A

 


お問い合わせ