医用画像処理システム(ダイレクトパス) DirectPath

「DirectPath(ダイレクトパス)」は、CT画像から仮想気管支鏡画像を自動作成し、3D画像による対象部位の位置や経路情報を表示します。
気管支鏡検査時、DirectPathを併用することにより、気管支鏡からの実画像と仮想気管支鏡を比較表示しながら気管支鏡を病変部までナビゲーションすることが可能です。
DirectPathに搭載された機能が気管支末梢領域の検査をより、安全・効率的に実施されることをサポートします。

薬事情報
販売名:医用画像処理システム DirectPathの「アプリケーションソフトウェア」
認証番号:22100BZX00986000

各種お問い合わせ

製品詳細・周辺機器・保守サービス全般について

サイバネットシステム株式会社 DirectPathサポートセンター
(受付時間 土日祝及び弊社休業日を除く10:00〜12:00、13:00〜17:00)
TEL 0120-546-148  FAX 03-5297-3646
dp-sc@cybernet.co.jp


お問い合わせフォーム