Mapleトップページ
サポート・マニュアル

MapleSim のソルバについて

MapleSim は大まかに2種類のソルバを持っています。可変ステップソルバと固定ステップソルバになります。
Solver Type において、Variable が可変ステップソルバ、Fixed が固定ステップソルバです。
さらに2種類のソルバにそれぞれいくつかの計算法が用意されています。

Variable

RKF45 は stiff でないシステムに対応します。
CK45 ソルバは、RK45 とほとんど変わらない計算コストで、ある程度 stiff なシステムにも対応することができます。
CK45 は、semi-stiff とは一般的な用語ではありません。MapleSim では、ある程度 stiff な系を semi-stiff と呼んでいます。
Rosenbrock は stiff なシステムの計算に対応するソルバです。
一般に stiff なシステム(硬い系)とは、システムが持つ複数の固有値が離れており、独立変数に対するシステムの応答が急峻に変化するシステムのことを言います。

Fixed

Euler は、Euler 積分手法を使用して、次のタイムステップにおけるモデルの状態を、状態と状態導関数の現在の値の陽関数として計算します。
このソルバは、高次のソルバよりも必要な計算量が少なくなります。ただし、 精度が比較的落ちます。
Implicit Euler は、前のタイムステップにおけるモデルの状態を、状態と状態導関数の現在の値の陽関数として計算します。
RK2-RK4 は、2次、3次または4次のルンゲ・クッタ式を使用して、次のタイムステップにおけるモデルの状態を、状態と状態導関数の現在の値の陽関数として計算します。

上記は MapleSim のソルバに関する説明ですが、目的やモデルによりソルバを選んで適用してください。



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発