Mapleトップページ
サポート・マニュアル

「Box Geometry」コンポーネントの使い方

詳細

MapleSimでは四角柱、円柱、球などの可視化コンポーネントが用意されています。可視化コンポーネントを利用することで、マルチボディコンポーネントに形状情報(STL形式)を付加することができます。

ここでは、可視化ライブラリのBox Geometry(四角柱)コンポーネントの使い方について説明します。
Box Geometryは、frame_a、frame_b、frame_c、の3つのフレームを持つコンポーネントです。Box Geometryコンポーネントを定義するパラメータは、長さ、幅と色の3つがあります。

Box Geometryが以下のように剛体に接続されている場合、3Dアニメーションでフリッカー現象が発生します。

  1. Box Geometryのframe_cを剛体のRigid Bodyに直接に接続した場合
  2. 剛体のRigid BodyとBox Geometryに接続するRigid Body Frameのr_XYZパラーメータが正しく設定されていない場合

Box Geometryの正しい使用方法の詳細については以下のモデルをご参照下さい。

サンプルモデル:BoxGeometryPend.msim

対象(アプリ、OS)

MapleSim 4.5



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 CAEソリューション事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発