Mapleトップページ
セミナー・イベント

特別セミナー

定期セミナー以外に開催予定の特別セミナーに関する情報を紹介しています。また、過去に行った特別セミナーもご覧いただけます。

開催予定の特別セミナー

現在、予定されている特別セミナーはありません。決まり次第、本サイト上でご案内させていただきます。

終了したセミナー

第6回 Mathematics for Industry シンポジウム

今回(第6回)は、『ロボティクス・メカトロニクス特集』です。IoT(モノのインターネット)やCPS(Cyber Physical System)等と関連して、ロボティクスとメカトロニクスは、ものづくりと日本社会の現在〜将来を支える重要技術です。そこで、学界と産業界から、我が国のロボット研究のフラッグシップである『タフ・ロボティクス・チャレンジ』、歩行ロボット、生産システム等に関して、合計5件の講演を行いました。
参加無料のセミナーですので、技術動向、市場動向の収集の場としてお気軽にご参加下さい。

詳細についてはこちらからご覧ください。

1D CAEで熱を制す in 大阪

本セミナーでは、岩手大学にて熱エネルギーを専門に研究されている福江 高志助教を特別講演にお迎えし、改めて製品価値を左右する重要な要素である「熱」について考えます。さらに、今話題の1D CAEを組み合わせることで、お客様に新たな熱マネジメントソリューションを提供すべく、弊社からの講演もご用意しております。
2017年7月の同セミナーが多くのお客様からご好評をいただき、この度大阪地区で第2回目のセミナーを追加開催する運びとなりました。

詳細についてはこちらからご覧ください。

伝熱モデリングセミナー
【AM】 システムレベルで考える伝熱モデリング
【PM】 HTLを利用した応用伝熱モデリング

表計算ソフトや3D CAEによる熱解析に悩みをお持ちの方、上流設計での熱解析を強化したい方のために、MapleSim Heat Transfer Library from CYBERNET (HTL) を開発しました。
それに伴い、熱問題を扱うセミナーを東京/名古屋/大阪の3会場にて開催します。

システムレベルで考える伝熱モデリングでは、熱の基礎を振り返り、MapleSim の操作方法を修得します。
HTLを利用した応用伝熱モデリングでは、HTLをデモを通じて紹介し、演習を通してHTLを使ったモデリングの手法を修得します。

詳細についてはこちらからご覧ください。

1D CAEで熱を制す

本セミナーでは、岩手大学にて熱エネルギーを専門に研究されている福江 高志助教を特別講演に、また、ユーザ技術講演として、コニカミノルタ様をお迎えし、改めて製品価値を左右する重要な 要素である「熱」についてご講演をいただきました。
さらに、今話題の1D CAEを組み合わせることで、お客様に新たな熱マネジメントソリューションを提供すべく、弊社からも講演を行いました。
詳細についてはこちらからご覧ください。

システムレベルで考える伝熱モデリング

本セミナーでは、エネルギ/熱マネジメントに対するシステムレベルでの考え方及びモデリングの習得を目的としたセミナーです。「Maple」「MapleSim」を実習形式で使い、電気や機械などの複合領域での伝熱モデルをどのようにして構築するかの基礎的なトレーニングを行います。
詳細についてはこちらからご覧ください。

第5回 Mathematics for Industry シンポジウム物理モデルで考える

サイバネットシステムは、日本のものづくり力の継続的な発展に貢献するため、今回は「物理モデルで考える」をテーマとして、ものづくりに係わる複合領域的な物理現象について、工学の原理原則に即して正しい数理モデルを構築する技術、教育と人材育成、産学連携体制、環境整備に関するシンポジウムを企画しました。
詳細についてはこちらからご覧ください。

梁の振動実験を通じてリアルタイム制御の基礎を学ぶ
振動制御実験室(CAEユニバーシティ)

【実習付き】C/GMRES法による非線形モデル予測制御セミナー本講座では片持ち梁の動的挙動を理解し、また圧電素子を用いた加振/制振実験を行いながら、リアルタイム制御を学ぶために必要な基礎的知識を習得します。またArduinoを利用して、実際に簡単な制御プログラミングも実施します。
学習補助教材としてMaple Playerを活用します!
「梁の振動実験を通じてリアルタイム制御の基礎を学ぶ振動制御実験室(CAEユニバーシティ)」詳細についてはこちらからご覧ください。

【実習付き】C/GMRES法による非線形モデル予測制御セミナー

【実習付き】C/GMRES法による非線形モデル予測制御セミナー本セミナーでは、高速解法として知られるC/GMRES法による非線形モデル予測制御について基礎から応用まで解説いたします。さらに、MPC設計ツールを利用して、数式処理による自動コード生成を体験していただけます。
「【実習付き】C/GMRES法による非線形モデル予測制御セミナー」詳細についてはこちらからご覧ください。

第4回 Mathematics for Industry シンポジウム実時間最適制御による自動操縦

サイバネットシステムは日本のものづくり力の継続的な発展のためにも、数理技術の産業界への普及活動に貢献することを目指し、産業技術と数学の架け橋を実現するために、「実時間最適制御による自動操縦」をテーマに「Mathematics for Industry」シンポジウムを企画しました。
詳細についてはこちらからご覧ください。

MapleSim 7リリースセミナー 〜System-Level Engineering 【モデル開発・流通・解析】 の新フロー〜

MapleSim 7リリースセミナー本リリースセミナーでは新しく追加されたユーザライブラリの活用によるモデル開発の効率化や、ツール連携によるモデル流通・解析の新フロー提案などをご紹介するとともに、新機能体験の機会も設けました。ユーザインターフェースを一新した「新MapleSim」を是非この機会にお試し下さい。

「MapleSim 7リリースセミナー」詳細についてはこちらからご覧ください。

メカトロシステム設計におけるモデルベース開発の最先端

機械系エンジニアのためのシステムシミュレーション入門セミナー本セミナーでは、皆様のMBD推進の一助になるべく、カナダWaterloo大学のJohn McPhee教授を迎え、マルチボディやメカトロニクス技術などの事例を踏まえた、北米でのMBDの最新の取組や動向についてご紹介します。
更に、近年1DCAEと呼ばれ注目されているシステムシミュレーションへの取組みに向けてMapleSimを活用した事例と展望を併せてご紹介します。

「メカトロシステム設計におけるモデルベース開発の最先端」詳細についてはこちらからご覧ください。

Mathematic Applications from the Aspect of Science and Engineering (理工学から見た数学の活用) 〜ISSAC 2014併設 Kobe Computing Week Workshop〜

サイバネットは、7月神戸大学開催のISSAC 2014 の公式スポンサーです。Maple 製品開発元Maplesoft 社と共に、スポンサード・ワークショップを実施、また展示ブースにも出展します。
「Mathematic Applications from the Aspect of Science and Engineering (理工学から見た数学の活用)」詳細についてはこちらからご覧ください。

機械系エンジニアのためのシステムシミュレーション入門セミナー 〜製品全体の性能向上を目指して〜

機械系エンジニアのためのシステムシミュレーション入門セミナー近年、様々な産業分野の製品設計・技術開発に対し、CAEの活用は当たり前になってきました。しかし、製品が急速に多様化/複雑化している状況において、これまでの「個別」に対する取組みに加え、製品「全体」での向上に対する解決策が求められます。
MapleSimは種々の物理現象を高速にシミュレーションするツールであり、製品の企画や構想段階でシステム全体の特性や挙動を把握することが可能となるものです。
本セミナーでは、これからシステムシミュレーションをはじめられる方を対象に、ロボットや工作機械のような複合物理領域(機械、電気、熱など)を含むシステムモデルの解析事例をご紹介するとともに、実際にMapleSimのモデリングを体験していただきます。
「機械系エンジニアのためのシステムシミュレーション入門セミナー」詳細についてはこちらからご覧ください。

第3回 Mathematics for Industry シンポジウムモデリングと制御

サイバネットシステムは日本のものづくり力の継続的な発展のためにも、数理技術の産業界への普及活動に貢献することを目指し、産業技術と数学の架け橋を実現するために、「モデリングと制御」をテーマに「Mathematics for Industry」シンポジウムを企画しました。
詳細についてはこちらからご覧ください。

事例だけでは満足できないエンジニアへ 試して実感!MapleSim 体験セミナー

事例だけでは満足できないエンジニアへ 試して実感!MapleSim 体験セミナー2013年6月に開催した「Maple Techno Forum 2013」では、様々な事例やデモをご紹介させて頂きました。会場で頂いた「実際に使ってみたい」という声にお応えし、「Maple Techno Forum 2013」お申込みの皆様に、特別体験セミナーを開催いたします。本セミナーでは汎用性、可読性の高い、数式をベースにしたマルチドメインモデリングツール「MapleSim」について概要をご紹介し、その基本操作やモデリングからシミュレーションまでの操作手順を、実際にMapleSim を操作いただくことで実感していただきます。
「試して実感!MapleSim 体験セミナー」詳細についてはこちらからご覧ください。

Mathematics for Industry シンポジウム 2013ものづくりへの数学的アプローチ

サイバネットシステムは日本のものづくり力の継続的な発展のためにも、数理技術の産業界への普及活動に貢献することを目指し、産業技術と数学の架け橋を実現するために、本年は「逆問題」をテーマに「Mathematics for Industry」シンポジウムを企画しました。
詳細についてはこちらからご覧ください。

Simulink ユーザのためのプラントモデリング MapleSim 体験セミナー

本セミナーでは、MapleSimの概要と、マルチドメインの利用例をご紹介致します。また、実際にMapleSim を使ったモデル作成、パラメータ設定、シミュレーション等、基本的な操作についても体験していただきます。
詳細についてはこちらからご覧ください。

Modelicaによる物理モデリングセミナー

本セミナーでは、新しい開発と検証の進め方の中で重要な「制御対象の物理的なモデリング」の手法として、欧州にて定着し始めているモデル記述言語Modelicaを、自動車産業での事例を中心に取り上げながらご紹介致します。
詳細についてはこちらからご覧ください。

数理技術が変えるHEV/EV時代のモデリング・制御・シミュレーション

数理技術が変えるHEV/EV時代のモデリング・制御・シミュレーション

複合領域物理モデルシミュレータ「MapleSim」は、数式処理技術をベースとしたモデリング・解析環境という新しいコンセプトでこれらの問題を解決し、自動車設計・開発に貢献する新ソリューションです。本セミナーでは、「MapleSim」をご紹介しアプリケーション事例をご紹介するとともに、ユーザであるいすゞ中央研究所様、アイシンAW様にその活用事例をご紹介頂きます。
詳細についてはこちらからご覧ください。

ものづくりへの数学的アプローチMathematics for Industry シンポジウム 2011

サイバネットシステムでは日本のものづくり力の継続的な発展のため、数理技術の産業界への普及活動に貢献することを目指し、産業技術と数学の架け橋を実現するために、「Mathematics for Industryシンポジウム」を企画しました。マツダ、ホンダ、トヨタ、富士通など日本を代表する企業様にご講演頂く特別セミナーです。
詳細についてはこちらからご覧ください。

今日から使える!MapleSim 活用セミナー

本セミナーでは、数値を基にした計算ではなく、数式ベースにてモデリングやシステムシミュレーションを行うMapleSim についてその概要をご紹介するとともに、実際にPCに触っていただきながら「基本操作」「逆振子のLQR制御」「PMモータのベクトル制御」「マニピュレータの非線形制御」について操作体験いただけます。
詳細についてはこちらからご覧ください。

自動車開発・設計を加速させる新シミュレーション技術〜数式を元にしたモデリング・制御・システムシミュレーション〜

無料技術セミナー「自動車開発・設計を加速させる新シミュレーション技術」

本セミナーでは数値を基にした計算ではなく、数式ベースにてモデリングやシステムシミュレーションを行う新たな技術をとりあげ、そのツールをご紹介するとともに、数式処理を用いることでもたらされる開発効率の向上やコスト削減・信頼性の向上といったその効果をご紹介します。
詳細についてはこちらからご覧ください。

MapleSim を用いたモデルベース開発入門
〜プラントモデリングから実機検証まで〜

apleSim を用いたモデルベース開発入門 〜プラントモデリングから実機検証まで〜

本セミナーでは、モデルベース開発の概略を説明するとともに、具体的な制御系設計を例に挙げて、MapleSimを使ったプラントモデル開発から、シミュレーション、自動コード生成、さらにSpeedgoat製品による実機検証までの流れをご紹介します。
詳細についてはこちらからご覧ください。

Maple/MapleSim による制御のためのシステムダイナミクス解析

Maple/MapleSim による制御のためのシステムダイナミクス解析

現代的な制御系設計を成功させるには、制御対象の数学モデル(システムダイナミクス)を導出し、その性質を理解することが非常に重要となりまますが、これらの作業を全て手作業で行うのは大変な労力を要します。
本セミナーでは、システムダイナミクス導出ツール MapleSim および数式処理ツール Maple を用いて、種々の角度からシステムダイナミクスを解析 ・考察し、その有効性をご紹介します。
詳細についてはこちらからご覧ください。

第4回 Plant Modeling Consortium

Plant Model Consortiumは、制御システム開発における制御対象のモデリング環境を早期に実現することを目指す、オープンな会議です。
詳細についてはこちらからご覧ください。

ICCAS-SICE International Joint Conference 2009

サイバネットは、計測自動制御学会主催のICCAS-SICE2009のスポンサーとして、スポンサード・インダストリアルセッション(ランチョンセミナーおよびオーガナイズドセッション)を実施します。
詳細についてはこちらからご覧ください。

第3回 Plant Modeling Consortium

Plant Model Consortiumは、制御システム開発における制御対象のモデリング環境を早期に実現することを目指す、オープンな会議です。
詳細についてはこちらからご覧ください。

Maple12 バージョンアップセミナー

待望の新バージョン Maple 12をご紹介するバージョンアップセミナーを7月2(水)に、東京コンファレンスセンター品川にてを開催いたします。 当日は、Maple12のご紹介のみならず、秋にリリース予定の新ツール『MapleSim』もご紹介します。
詳細についてはこちらからご覧ください。



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3255 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30 ※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発