講演概要

【基調講演】
パワーエレクトロニクス応用システムのシミュレーションのための標準的モデルと実用的例題

岐阜大学 工学部 電気電子・情報工学科 石川 裕記 氏
長崎大学大学院 工学研究科 電気・情報科学部門 阿部 貴志 氏

電気エネルギーを効率よくスマートに伝送・変換・利用するパワーエレクトロニクス応用システム(PES)が様々な分野で活用されている。その開発にはMBDによるシミュレーションの利用が加速している。しかし、専門外の技術要素モデルの理解に手間取り、その導入と活用が遅れている。本講演では電気学会の専門委員会での活動を紹介し、モータドライブや車両燃費演算の標準的モデル、PESの実用的例題モデルについて講演する。

【ユーザ技術講演】
モータ熱設計におけるMapleSimの適用

日本電産株式会社 車載事業本部 森 厚夫 氏
日本電産株式会社 車載事業本部 布川 彩夏 氏

近年、モータの小型化およびECUと組み合わせたパワーパック化が進み、それとともにモータの熱対策は困難になる一方である。そのため、設計上流工程における熱特性の予測を、高効率かつ高精度に実施する事は、熱問題に起因する手戻りを最小限に抑える事に、大きく寄与するものである。本講演では、この様な状況を踏まえた弊社車載事業本部における1D CAE導入までの経緯とモータ熱設計におけるMapleSim適用事例、そして今後の展望について発表する。

【弊社講演】
3Dから1Dへ 伝熱モデルの自動生成アプリケーション紹介
〜MapleSim - HeatPathView連携〜

サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部 杉田 太郎

熱流体シミュレーション解析結果表示ツール「HeatPathView(※)」の出力情報を取り込み、MapleSim内に1DCAE伝熱モデルを自動生成するアプリケーションを開発した。3Dの解析では一回当たりの解析時間が長く、1D モデル化することで高速シミュレーションが可能になりパラメータスタディも現実的な時間で実施できる。更に、1Dモデル作成の難しさという本質的な課題へのソリューションとしてもこの手法の有効性を提案する。

※ HeatPathView
ソフトウェアクレイドル社様の3D熱流体シミュレーションソフトウェア「STREAM®」「熱設計PAC®」「scFLOW®」「SCRYU/Tetra®」の解析結果表示ユーティリティツール。解析対象全体の熱の移動経路と移動量を経路図やグラフ、表などで表示することができ、放熱経路のボトルネックなども容易に発見することができるツールです。

【弊社講演】
熱設計、熱マネジメント、1D CAE...
〜伝熱モデリングソリューションの進化〜

サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部 岩ヶ谷 崇

近年、1D CAE は概念/構想設計におけるツールとして広く認知され、活用も加速している。昨年の本カンファレンスでは、1D CAEを適用した際の課題について議論し、ソリューション提案を行った。
本講演では、更なる 1D CAE の可能性を議論した上で、適用対象の拡大や利用効果の最大化を目指して継続開発しているソリューションの進化について紹介する。


トップページに戻る

お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30。※土日祝及び弊社休業日を除く)
メールでのお問い合わせ  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧

モデルベース開発