Beyond AV Tour @東京

サイバーセキュリティの調査機関によると外部からの攻撃による情報漏洩の47%がマルウェアを利用しており、残り53%の攻撃はマルウェアを利用しない「非マルウェア攻撃」という結果があります。ここで重要なのは、非マルウェア攻撃は従来のアンチウイルスやマシンラーニング(機械学習)型のアンチウイルス製品では検知されないということです。「マルウェア」+「非マルウェア」双方の防御に対応しなければ今日必要とされるエンドポイントセキュリティ対策にはなりえません。

本セミナーでは、米Carbon Black社の次世代アンチウイルスCb Defenseの発売開始を記念して増え続ける非マルウェア攻撃の現状、従来のアンチウイルスと次世代アンチウイルスとの違いを中心に、実際の非マルウェア攻撃をその場で再現し、防御することで次世代アンチウイルスCb Defenseのソリューションの効果を検証していただけるデモを交えてご紹介いたします。

※非マルウェア攻撃:PowerShellやスクリプトベース、メモリベースなど本来マルウェアと認識されていないツールを悪用した攻撃

Carbon Blackの次世代アンチウイルス
「Cb Defense」とは

Cb Defenseは特許技術であるStreaming Preventionを用いてエンドポイント上の脅威にタグ付けを行い、脅威とみなされるとそれを防止します。その為ゼロデイ攻撃のような従来型アンチウイルスの定義ファイル配信までの隙間を突くような攻撃にも対処が可能です。
またファイルに着目するマシンラーニング型アンチウイルスとも異なりエンドポイントのセキュリティインシデントの流れを見て防御する手法がPowershellなどを悪用するいわゆる「非マルウェア」攻撃にも対応できます。 Cb Defenseは次世代アンチウイルスでありながらEDR(Endpoint Detection & Response)機能をも包含しています。ビジュアル化したEDR機能によりインシデント発生時のトリアージから原因分析までも可能です。

Beyond AV Tour @東京 Cb Defense管理者コンソール
Beyond AV Tour @東京 Cb Defense EDRによる感染元の分析と対処
本セミナーのねらい
  • 次世代アンチウイルス(NGAV)について学び、最新のサイバーセキュリティのトレンドを理解できます
  • EDR機能によるインシデントのトリアージや原因分析の重要性がわかります
  • 実際の攻撃をその場で実行し、高度な非マルウェア攻撃でも、いかに簡単に行えるかを体感できます

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

お申し込みに関する注意事項

下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせていただく場合がございます。該当のお客様には、セミナー開催日の1週間前までに別途メールでご案内をさせていただきますので、ご理解の程お願いいたします。

※最小催行人数に達しない場合
※同業の方、個人事業主の方でのご参加の場合

開催概要

会場 アキバプラザ 6F セミナールーム1
参加費 無料
定員 100名
共催 カーボンブラック、サイバネットシステム

※本セミナーは、同業の方、個人事業主の方につきましてはお断りさせていただいております。

アジェンダ

開会のご挨拶

エンドポイントを取り巻くサイバーセキュリティの現状(仮)

カーボン・ブラック・ジャパン

ランサムウェアに関する7つの都市伝説(仮)

サイバネットシステム

次世代アンチウイルス「Cb Defense」デモ

次世代アンチウイルス 「Cb Defense」の説明を、ランサムウェアやマルウェアによる攻撃を模したデモでご理解いただきます。またPowershellによる「非マルウェア攻撃」に対して、Cb Defenseが対処に留まらずEDRによるトリアージや原因分析までできることをご説明します。 カーボン・ブラック・ジャパン/サイバネットシステム

 


ソリューション一覧

お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ一覧