公差設計最適化セミナー
〜複合領域のシミュレーション連携による新たな設計プロセスの提案〜
開催報告

公差解析のご案内やサポートを通じて様々な業界の皆様方の声を聞いて参りましたが、最近、

  • 構造解析や光学解析での検証と公差設計の間に整合性がない!
  • ”コスト削減“と”品質向上“を両立した公差設計を行いたい!
  • と言う2つのキーワードをよく耳にするようになりました。
    今回はそのキーワードを軸に、サイバネットとして何を提案できるか?を考え生まれたソリューションを、「構造解析」および「光学解析」に特化した形で、2種類のセミナーを開催しました。

    参加者の声(アンケートから抜粋)

    • コストと公差の最適化をシステマチックに行うことの有効性を感じた。
      (製品検査部門担当)
    • とても分かりやすい事例で説明されたので公差の重要性に対する理解が深まった。
      (光学機器設計担当)
    • 公差解析のイメージが変わりました。
      (機械部品設計担当)
    • 公差設計のコンセプトイメージから、具体的なオペレーションまで説明され、今後に役立つ情報が得られた。
      (製品企画担当)

    セミナー資料のお申し込み

    開催概要

    対象
    • 公差解析に興味をお持ちで、Creo Elements/Pro(旧称Pro/ENGINEER)、CATIA V5、SolidWorksを使用の方
    • 弾性変形を考慮した公差検討を行いたい方
    • 光学性能のバラツキを考慮したメカ部品の公差検討を行いたい方
    • コストと公差値の最適化に興味をお持ちの方

    ※公差解析の知識がない方でもご参加いただけます。

    受講形式 聴講・実習形式
    費用 無料
    時間 13:30 〜 17:00

    アジェンダ

    弾性変形を考慮した公差検討

    • 弾性体で公差検討を行う理由
      現在の設計プロセスではなぜ弾性体の公差解析を行わなければならないのか?その問題点を体系的に解説します。
    • 弾性変形を考慮した公差検討
      構造解析(ANSYS)と公差解析(CETOL 6σ)、最適化ツール(Optimus)を活用して、問題をどう解決して弾性変形による影響を公差設計に反映するべきか、ケーススタディを通じてソリューションをご提案します。
    • コストと公差最適化の体験実習
      コストは削減し、品質は向上させたい・・・これらの要求を満たせる公差設計のプロセスを、実際にコストテーブルのサンプルを使用して体験していただきます。(利用ツール:Excel・CETOL 6σ・Optimus

    光学性能のバラツキを考慮した公差検討

    • 光学製品における構造設計の問題点
      光学性能の要求をメカ設計に落とし込む際に何が起こっているのか?それはなぜか?現在起こっている問題について解説します。
    • 光学性能のバラツキを考慮した公差検討
      光学解析(CODE V)と公差解析(CETOL 6σ)、最適化ツール(Optimus)を活用してどのように光学性能のバラツキに対して整合性のある公差設計が行えるか、ケーススタディを通じてソリューションをご提案します。
    • コストと公差最適化の体験実習
      コストは削減し、品質は向上させたい・・・これらの要求を満たせる公差設計のプロセスを、実際にコストテーブルのサンプルを使用して体験していただきます。(利用ツール:Excel・CETOL 6σ・Optimus

    配布資料について

    本セミナーで使用した資料は、お客様に配布しています。
    ご希望のお客様は、以下の資料請求フォームからお問い合わせください。

    セミナー資料のお申し込み


    公差解析 入門
    お問い合わせ
    セミナー

    最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
    Optimus
    汎用型最適設計支援ツール
    CETOL 6σ
    3次元CADシステム用の
    公差マネジメントツール