『はじめての公差解析』セミナー 開催報告

従来の公差検討では判断しにくかった、「3次元的な構造のばらつきを把握した設計改善」を多くの皆様にご提案する事を目的に、これから本格的に公差解析を行いたい、今までのやり方を改善したい、徹底的にシックスシグマ・デザインを極め、コスト削減を実現したいというエンジニアの皆様にお集まり頂き、『はじめての公差解析』セミナーを開催いたしました。

セミナー資料のお申し込み

開催概要

日程 2008年 5月 30日(金)
会場 富士ソフトビル アキバプラザ
時間 13:30〜17:00
定員 100名
費用 無料

タイムテーブル

時間 内容
13:30〜14:30

基調講演『公差の基本的な考え方、公差体系の国際的動向』
東京大学 工学系研究科
高増 潔 教授

ISO TC213国内対策委員会委員長を務めていらっしゃる高増先生に機械部品の寸法や形状を正しく表現する必要性、国内外の公差体系に関する動向をご紹介いただきました。
またGPS規格に対応した基本的な考え方の解説は、皆様とても興味深く聴講されていました。

東京大学 精密機械工学専攻 高増・高橋研究室

14:30〜15:15

『3次元CAD設計における公差検討の課題と解決案』
サイバネットシステム株式会社
草木 就一

元設計者の経験を元に、今までの公差解析の取り組みと問題点を提示し、問題を解決する存在として3次元公差解析ツールの有用性をご紹介させていただきました。

15:15〜15:30 休憩
15:30〜16:15

『公差解析における取り組み』
ランド・テクノロジーズ・ジャパン株式会社
大山 弘高 様 

CETOL 6σを使用した詳細事例をもとに、企画構想から詳細設計・生産評価検討までの活用ステップをご紹介いただきました。また、公差マネジメントのあるべき姿に多くの皆様が共感されていました。

16:15〜16:45

『3次元公差マネジメントツール「CETOL 6σ」のご紹介』
サイバネットシステム株式会社

CETOL 6σの特徴や事例を交えてご紹介を行い、製品の魅力をお伝えいたしました。
また、最後にデモンストレーションを行い、皆様に操作感をご覧いただきました。

16:45〜17:00 質疑応答

配布資料について

本セミナーで使用した資料は、お客様に配布しています。
ご希望のお客様は、以下の資料請求フォームからお問い合わせください。

セミナー資料のお申し込み


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール