そもそもシミュレーションって? CAEの値と実験結果って違うの? 実験(材料力学)とCAE(ANSYS)の
比較セミナー

東北地方の皆さま必見!!

本セミナーは「CAEユニバーシティ」の講座「FEM実験室-静解析編」をアレンジしてご提供しているものです。実験との比較を通しCAEで行うシミュレーションについてどのようなものか体感していただく本セミナー。CAEを行う際に必要となる材料力学や有限要素法の概略も交えつつ、「シミュレーションとは何か?」という原点からCAEの理解につながる内容です。
東北地方ご在住の皆様は是非、この機会をご利用ください!!

講師 松井 和己 氏
横浜国立大学 大学院環境情報研究院 准教授
講義方式 実験+座学
受講料 2,000円
日時 2014年12月1日(月) 9:30〜17:00 (お昼休憩1時間)
会場 岩手県南技術センター
定員 5名
主催 (公財)岩手県南技術研究センター

アジェンダ

  • CAEによるシミュレーションとは?(便利さ)
  • 材料力学(はり理論)と有限要素法の概略(同じ部分・異なる部分)
  • シミュレーションと実験のコリレーション
      実験@ 板材の4点曲げ試験
      実験A 板材を片側拘束した場合の曲げ試験
      実験B 板材の両側拘束した場合の曲げ試験
  • 機械設計におけるCAEの有用性と利用上の注意(CAEができること・できないこと)