長野 方星 氏ながの ほうせい

受講者へのコメント

熱はエネルギーの最終形態であり、省エネ、高性能化、エネルギー有効利用が望まれる今日において「熱」とうまく付き合うスキルが求められます。
形あるもは全て温度を有しており、その温度を正しく知るためには伝熱工学の正しい知識とその使い方を学ぶ必要があります。
本講義では伝熱の基礎から熱解析や熱計測で実際にありがちな間違いなどを事例や例題を交えながら分かりやすく説明いたします。

経歴・職歴

1998年 慶應義塾大学理工学部機械工学科 卒業
2000年 慶應義塾大学大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程 修了
2003年 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学博士課程 修了 (工学博士)
2003-2006年 日本学術振興会特別研究員
2006-2008年 宇宙航空研究開発機構 宇宙航空プロジェクト研究員
2005-2008年 NASAゴダード宇宙飛行センター 客員研究員
2008/07- 名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 講師
2012/04- 同 准教授
2016/04- 名古屋大学大学院工学研究科 機械理工学専攻 教授

専門分野(業務内容、研究内容等)

  • 熱物性
  • 熱エネルギー輸送
  • 宇宙機熱設計
  • 熱マネージメント

学会(所属学会等)