流れのCFD解析を行う上で必要となる流体力学の基礎を身に付ける 流体力学基礎講座

難解といわれる流体力学を、数学を含めた基礎から解かりやすく解説する講座です。

講師 白崎 実 氏
横浜国立大学大学院環境情報研究院 准教授
対象 流体力学におけるシミュレーションソフトを利用している方、利用予定の方
講義方式 座学
(一部、MicroAVSを用いた簡単な可視化を行います。MicroAVSの利用経験や知識は不要です。)
受講料 86,400円(税込)

※お支払い方法は、セミナー受講料のお支払いについてをご確認ください。

時間 2日間 両日とも10:00-17:00
会場 弊社 東京本社
定員 15名

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

概要・主旨
タイムテーブル・目次
受講後の感想

テキスト概要と主旨

本講座では、主として非圧縮性流れのCFD解析を行う上で必要となる流体力学の基礎的な内容についてわかりやすく解説します。初めて流体力学を学ぶ方、あるいは学んだ経験はあるがしばらく遠ざかっていたといった方を対象として、数学を含めた基本から解説します。必要となる数学については可能な限り講義内で説明する予定ですが、微分・積分学、ベクトル解析の基礎については復習しておくことが望ましいでしょう。

講座テキストサンプル

事前学習情報

事前学習として
望ましい知識
  • 多変数関数の微分・積分、ベクトル解析の基礎
推奨書籍
  • 「キーポイント多変数の微分積分」小形正男 著(岩波書店)
    「キーポイント ベクトル解析」高木隆司 著(岩波書店)

タイムテーブル

開始時間 1日目 2日目
10:00
  1. 講座で利用する数学についての復習
    • Taylor展開
    • ベクトル解析
      (勾配,発散,回転の意味とイメージ)
  1. Bernoulliの定理とその応用
    • Bernoulliの定理
    • 3種類の圧力(総圧,静圧,動圧)
    • Pitot管
10:55 休憩
11:00
  1. 流体力学の概要
    • 流体とその性質
    • 流れに関連する用語と意味
  1. 変形速度と応力
    • 流体粒子の運動
    • 流体に働く応力
11:45 昼食休憩
12:45
  1. 流体力学の概要
    • 流れに関連する用語と意味 ※続き
  2. 流れの表現
    • 流れを表す量
    • Lagrangeの方法とEulerの方法
    • Lagrange微分
  1. 変形速度と応力
    • 流体に働く応力 ※続き
    • 変形速度と応力
13:55 休憩
14:00
  1. 流れの表現
    • Lagrange微分 ※続き
    • 3つの線(流跡線,流線,流脈線)
    • 流れと渦(渦度の導入)
  1. 粘性流体の運動方程式 (Navier-Stokes方程式)
    • Navier-Stokes方程式
    • 無次元化とReynoldsの相似法則
  2. エネルギー方程式の概要
14:50 休憩
15:00
  1. 保存則と流れの支配方程式
    • 連続の式
    • 完全流体の運動方程式(Eulerの運動方程式)
  1. Navier-Stokes方程式の厳密解と近似
    • 簡単な厳密解の例
    • Stokes近似とOseen近似
15:55 休憩
16:00
  1. 保存則と流れの支配方程式
    • 完全流体の運動方程式(Eulerの運動方程式) ※続き
    • 初期条件・境界条件
  1. 境界層と物体に働く力
  2. 計算流体力学(CFD)の概要
17:00 講義終了 講義終了
  • 講義内容の進捗によって上記タイムテーブルは変更される場合がございます。
  • 休憩時間はお昼休憩が1時間で基本的に1時間ごとに5分から10分の休憩が入ります。
  • その時々の受講者の事前確認事項によって内容が変化します。

受講後の感想

エンジン部品関連/解析/3〜5年/2016年受講
ボリュームは多いが、セミナーを受ける身としては、色々な話が聞けて楽しいし細かいところまで説明頂けてわかりやすい。いまいちピンとこなかった部分も、講義内で繰り返し説明頂けたおかげで理解出来た。
自動車関連/解析/3〜5年/2015年受講
今後、流体力学を習得する初歩としては充分な内容だったと思います。
2日間の内容にしては豊富だったと思います。
製造関連/解析/6〜9年/2015年受講
明確な説明でメリハリをつけて講義をしてくださったのでわかりやすかった。
サービス/土木水理解析/0.5年/2012年受講
事前に講義内容の難易度が分かると良いのではないかと思います。 基礎部分が丁寧で分かりやすかったです。
サービス/数値解析/4年/2012年受講
普段の業務で感覚的に実施していた部分を理論的に学ぶことが出来ました。
教育機関/数学教育/30年/2012年受講
テキストも説明も素晴らしかったです。
輸送機器メーカー/解析/5年/2011年受講
後半は難しかったですが、全体的に詳しく教えていただいてわかりやすかったです。ありがとうございました。
精密機器メーカー/開発/4年/2011年受講
全体的にとてもわかりやすく、数式の意味等を説明していただけたところがよかったです。
受託解析/7年/2011年受講
とてもわかりやすくてよかったです。自分で勉強していて分からないところで止まってしまうと次につながらないで困っていました。一部難しい箇所もありましたが復習しようと思います。
自動車部品メーカー/解析/5年/09年II期 受講
(市販のテキストなど)独学で勉強しようと教科書を読んでもいきなり数式が出てくる時点で読む気がなくなってしまいました。今回、独学するに当たり基本の数式を分かりやすく説明してくれたので良かったです。今後の独学するに当たり役立つと思います。流体力学を学ぶための基礎講座として良いと思いました。
自動車メーカー/設計/6年/09年II期 受講
自分で流体力学を学ぶのは初めてだったのでまずは概念や全体像を掴むところから、と思い(それがわからないと自己学習の効率が悪いから)本講座を受講しました。具体的な細かい内容は早速復習し、今後さらに勉強を重ねていきたいと思います。専門書を読むだけではわかりにくい式変形のプロセスの説明など自分にとっては有益な内容だったと思います。ありがとうございました。
エネルギー企業/研究・開発/約4年/09年I期 受講
やや駆け足の授業であった。2日間でじっくり教えてほしいと思った。講師の方の話は分かりやすかった。

関連ページ

CFD(数値流体力学)分野講座
CAEコラム「流体解析関連講座「流体力学基礎講座・CFD原理講座」紹介」