CFD(流体解析)ソフトによく使われる基礎原理や内部の処理を理解する CFD原理講座

非圧縮性流れのCFD解析を行うに必要なCFDの基礎的な知識をできる限りわかりやすく解説します。

講師 白崎 実 氏
横浜国立大学大学院環境情報研究院 准教授
対象 CFDソフトを利用している方
講義方式 座学中心
受講料 86,400円(税込)

※お支払い方法は、セミナー受講料のお支払いについてをご確認ください。

時間 1日目 10:00〜17:00
2日目 10:00〜17:00
会場 東京開催:  弊社 東京本社
大阪開催:  弊社 西日本支社
定員 15名

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

概要・主旨
タイムテーブル・目次
受講後の感想

テキスト概要と主旨

本講座では、非圧縮性流れのCFD解析を行う上で知っておくべき基礎的な知識について、できる限りわかりやすく解説します。個々の商用CFDソフトに特化した「使い方」ではなく、一般的なCFDソフトにおいて、その内部ではどのような考え方にもとづいて処理がなされているかについて理解することを目的とします。 完全である必要はありませんが、流体力学の基礎的な知識(完全流体および非圧縮性粘性流体に関する基礎的な知識)を持っていることが望ましいでしょう。

※内容は若干の変更が発生する可能性があります。
※流体力学の基礎を学びたい方には「流体力学基礎講座」がお奨めです。

講座テキストサンプル

事前学習情報

事前学習として
望ましい知識
多変数関数の微分・積分、流体力学の基礎
推奨書籍 「キーポイント多変数の微分積分」小形正男 著(岩波書店)
「流体力学」今井功 著(岩波書店)

タイムテーブル

開始時間 1日目 2日目
10:00
  1. 数学・流体力学の復習とイントロダクション
  2. 流れの支配方程式
    • 連続の式
  1. 時間進行アルゴリズムと安定性
    • 時間進行法
    • 線形・非線形
    • 線形移流方程式の性質と非線形性
10:55 休憩
11:00
  1. 流れの支配方程式(続き)
    • Navier-Stokes方程式
    • Reynolds数とReynoldsの相似法則
  1. 時間進行アルゴリズムと安定性(続き)
    • スキームの安定性
    • 風上化,上流化
12:00 昼食休憩(2日目:アンケート配布)
13:00
  1. CFDの概要と手順
  1. 流速と圧力のカップリング
    • 非圧縮流れの仮定と影響領域,圧力の取扱い
    • MAC法,フラクショナルステップ法
13:55 休憩
14:00
  1. 有限差分法/有限体積法
    • 空間離散化
    • 有限差分法
    • 有限体積法
  1. 連立一次方程式の求解
    • 連立一次方程式求解の概要
    • 直接法
    • 反復法
  2. 格子と格子生成の概要
    • 解析と格子生成
    • 非構造格子,ボクセル法
14:50 休憩
15:00
  1. 偏微分方程式の分類と離散化
    • 偏微分方程式の分類
    • 非圧縮性流れの支配方程式の性質
    • 拡散方程式と時間方向の離散化
  1. 境界条件と初期条件
    • 流体力学における境界条件と初期条件
    • CFDにおける境界条件と初期条件
15:55 休憩
16:00
  1. 偏微分方程式の分類と離散化(続き)
    • 拡散方程式と時間方向の離散化(続き)
    • 空間2階微分の働き
  1. 乱流と乱流モデルの概要
  2. その他
17:00 講義終了 講義終了
  • 講義内容の進捗によって上記タイムテーブルは変更される場合がございます。
  • 休憩時間はお昼休憩が1時間で基本的に1時間ごとに5分から10分の休憩が入ります。
  • その時々の受講者の事前確認事項によって内容が変化します(講義内容の一部を省略する場合もございます)。

受講後の感想

電気機器/解析/6〜9年/2014年受講
ブラックボックスになっていた部分の原理を理解することが出来た。今後は経験と原理を組み合わせて業務の効率化を図りたい。
自動車メーカー/設計/8年/2012年受講
数値解析について体系的にまとめられているので非常に分かりやすかったです。CFDを学ぶにはこの講座を受けるべきと思いました。
自動車メーカー/研究開発/2年/2012年受講
講義のキモはCFDは手段として使う前に深く考えることが必要と教えられて良かった。
製鉄会社/研究開発/1年未満/2012年受講
講義は非常にわかりやすかったです。

関連ページ

CFD(数値流体力学)分野講座
CAEコラム「流体解析関連講座「流体力学基礎講座・CFD原理講座」紹介」