受講者の声 CAEユニバーシティの知識が、実務現場でどのように活かされているか

2007年10月にCAEユニバーシティを開講いたしました。
その後、受講された方が実務において知識をどのように活かされているのか。ここでは、「受講者の声」として受講後の状況をお伝えしています。(業界・職種・経験年数・受講期)の順に記載しています。

  • ご要望のあった内容については、日々改善されております。
    最新の状況は各詳細ページまたは、CAEユニバーシティ事務局までお問い合わせください。
  • 受講後アンケートでお寄せいただいた感想につきましては、各々の講座紹介ページに掲載しております。
  • 最新の「受講者の声」は各講座ページの「受講後の感想」をご確認ください。

受講者の声

FEM原理講座

  • 電気機器メーカー/開発/5年/08年III期
    何となく行っていた計算に対して、自分でデバッグを行えるようになった。
  • 自動車部品メーカー/開発/7年/08年春期
    メッシュサイズが解析精度への影響が大きいことは既知であったが、受講によりFEMの近似解の内容を学習することで特に曲げ問題時などメッシュの歪みも解析精度に影響を与えることが理論的に明確にわかり、手動でメッシュを作成するなど形状にも十分気を配るようになった。
  • 設備機器メーカー/研究開発/5年/07年秋期
    近年、製品開発におけるスピードアップが強く求められ、私どもの会社においても遅ればせながら2年前に解析ソフトを導入しました。
    今までは解析結果を鵜呑みにして疑うことは全くありませんでしたが、講義を受講して解析計算の理屈はもちろんの事、メッシュの切り方1つで大きく結果が異なる、などを知ることができました。現在では、解析結果がでた後、解析条件を細かく見直したり、2度3度と条件を変え解析を行っています。解析精度はかなり上がったのではないかと自画自賛しております。

FEM原理実習

  • 電気機器メーカー/設計/5年/08年II期
    構造解析を担当しており、メッシュと解の精度の関係について、経験則で補っていたものがほとんどでしたが、理論的に変形モードの再現性を数値的に近似できる要素とその次数を知ることで、メッシュ作成における不安が解消されました。また、大学の先生への質問等で、具体的な解析時の注意点もアドバイスいただき、有益な情報が得られました。
  • 光学メーカー/研究・開発/約2年/08年夏期(I期)
    限られた時間の中で、実際にツールを使用しシミュレーションを行うことで、要素の違いによる理論値との差を自分の目で確かめることができ非常に有意義であった。実現象をシミュレーションする際に、どのような要素を用いれば精度の高い解析結果が得られるか判断する上で、とても役に立つ講習会であった。