IoT時代を勝ち抜く製造業のためのビッグデータ活用セミナー

IoTの活用が様々な業界で進められる中、ものづくり分野でも解析・実験・製造さらには製品出荷後の利用段階からも、大量のデータを取得・蓄積する仕組みが整ってきました。
このデータの有効活用が、今後の日本の製造業の競争力向上につながるといっても過言ではありません。
本セミナーでは、集められたビッグデータを効率的に分析する手法として、BIGDAT@Viewerを活用してデータを俯瞰(MAP化)することで気付き・発見を支援する【0次分析】と、Envisionを活用してさらにそのデータを直感的なチャートで可視化し傾向や要因を見出す【1次分析】の連携を、具体例を交えてご紹介いたします。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
該当のお客様には、セミナー開催日の約1週間前までに別途メールでご案内をさせて頂きます。ご理解の程お願い致します。
※最小催行人数に達しない場合
※ベンダー様、競合企業様、個人(事業主含む)でのご参加の場合

開催概要

会場 アキバプラザ 7F プレゼンルーム [地図]
主催 サイバネットシステム株式会社、アルテアエンジニアリング株式会社
対象 製造業の設計/解析、製造部門にてビッグデータ活用にご興味・ご関心のある方
定員 50名
参加費 無料

セミナー内容

14:00-15:00

ものづくりに活かすデータ分析

ものづくり分野の中から、設計/解析、製造の2つのフェーズにおけるデータ分析例をご紹介します。

  • 【製造】工場ラインのセンサーデータの0次分析と不良要因分析
    不良品の要因分析に、工場ラインのセンサーデータや製造機器のログを活用するお客様が増えています。本セッションでは、製造の現場でビッグデータを活用する方法の一つとして、BIGDAT@Viewerでビッグデータを可視化して全体の構造と特徴を把握し着目すべき属性を絞り込み、Envisionで様々な視点から不良要因を分析する手法を、デモを交えてご紹介いたします。
  • 【設計/解析】CAEシミュレーションデータの0次分析とデータ探索
    CAEシミュレーションにより生成した大規模データを分析する、そのような機会も増えてきたのではないでしょうか。BIGDAT@ViewerとEnvisionなら、大規模データから注目すべきデータの領域を絞り込み、縦横無尽にデータを探索することが可能です。
    本セッションでは、生成したシミュレーションデータを出発点として0次分析とデータ探索の事例をご紹介いたします。
15:00-15:30

ビッグデータをMAP化する【0次分析】ツール「BIGDAT@Viewer(ビッグデータビューワー)」

BIGDAT@Viewerは、ビッグデータをMAP化する事でデータの構造・特徴を掴み、詳細分析のための仮説立案を支援します。統計学の専門知識がなくても、直観的なユーザーインターフェースによる簡単な操作でデータの可視化や分析が可能です。本セッションでは、その手順をデモを交えてご紹介いたします。

  • 講師 サイバネットシステム(株) 丹治宏彰
  • ご紹介ツール「BIGDAT@Viewer
15:30-16:00

データ分析、視覚化ツール「Envision(エンビジョン)」

Envisionは、クラウドに対応したビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォームです。対話形式でデータから情報を取り出し、チャートやダッシュボードを素早く作成・公開することができます。またコスト効率のよいライセンスモデルも特徴の一つです。本セッションでは、Envisionの使いやすさをライブデモも交えながらご紹介いたします。

  • 講師 アルテアエンジニアリング(株)渡邊大祐
  • ご紹介ツール「Envision



お問い合わせ ビッグデータソリューション開発センター
TEL: 03-5297-3719 (平日 9:00-17:30)  資料請求/お問い合わせ全般