HOME

ドライバモデルによる車両評価へのOptimus適用

対象
その他
解析機能
制御、統合・最適化

概要

富士重工業株式会社での、ドライバモデルによる車両評価へのOptimus適用事例です。

課題

  1. エキスパートの評価は一般ドライバの評価に一致するか
  2. フィーリング評価を恒久的に残せるか
  3. クローズドループ試験のバラツキ
  4. 机上検討段階で、一般ドライバの感覚をどう反映させるか

ソリューション

人間を介した人-自動車系試験により、フィーリングの有意差を拡大して表現できます。一般ドライバの運転特性を数値モデル化し、複数パターンの計測データからOptimusを用いてモデルパラメータを同定し、フィーリング評価を考慮した車両運動解析を実施しています。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る