HOME

OpenFOAMを用いた車両の追い越しシミュレーションの自動化

対象
ボディ
解析機能
統合・最適化

概要

モータースポーツでは、前車を追い越す際、前車に接近しスリップストリームに入ることにより、空気抵抗(ドラッグ)を減らしてスピードを上げ、追い越す方法が採用されています。

課題

ドラッグがより少ないコース上のラインを走行することでスピードを向上させることが可能となる。ドラッグが最小となる最適な追い越しルートを検討する。

ソリューション

Optimusにより、追い越し車両の位置を自動的に変更し、シミュレーションを繰り返し自動実行する仕組みを構築することで、作業工数や設計者の手間を大幅に軽減できた。

ドラッグが最小となる最適な追い越しルートを検討するためのエアロマップ(追い越し車両の平面位置空間において、追い越し車両が受けるドラッグの応答曲面モデル)を作成しました。これにより、従来は検討が難しかった最適な追い越しルートの検討が可能となった。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る