HOME

IPMモーターの磁場解析、構造解析の多目的最適化

対象
電装系
解析機能
電磁場、統合・最適化

概要

IPMモータは高トルクかつ高効率なモータですが、構造上遠心力によって磁石の剥がれやずれが生じ、ロータコアにめりこむ危険性があり、高効率化と同時に強度が求められます。
「電磁場解析と構造解析を同時に行いたい」、「効率化に影響を与えている因子を知りたい」といった課題に対し、OptimusのJMAGインタフェースを使用して磁界解析と構造解析を統合化し、最適化を行った事例をご紹介します。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る