HOME

弾性変形を考慮した公差の最適化

対象
内外装系
解析機能
統合・最適化、公差

概要

現実のものづくりでは、必ず寸法バラツキが生じます。しかしながら一般的に行われている構造解析は、バラツキを含まないCAD形状を基に行われます。そのため現実のものづくりと解析結果が異なる事で不具合が発生し、生産工程から設計工程への手戻り発生の一要因となる可能性を含んでいます。そこで本事例では、公差によるバラツキが強度等の構造へ与える影響を考慮した、公差最適化プロセスをご紹介します。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る