HOME

カーネルモデルを用いた動的モデル構築法

対象
パワートレイン
解析機能
制御、システムモデリング、統合・最適化

概要

モデルベースの過渡キャリブレーションを行うためには動的モデルが必要ですが、物理法則から求める方法、システム同定を用いる方法などの場合、例えばエンジンのモデリングでは、前者の場合は正確なモデル導出は困難となり、後者においても非線形なシステム同定となり煩雑となります。本事例では、基本となる動的モデルとカーネルモデルを組み合わせた、実用的なモデリング法を紹介します。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る