HOME

高性能マフラーの伝送損失設計最適化

対象
パワートレイン
解析機能
音響、統合・最適化

概要

リアクティブ型マフラー内の損失を最小化する事例です。
管径やバッフル領域を設計パラメータとして、損失を評価するTL値を最適化しています。LMS Virtual.Labの外部にある伝送アドミタンスを計算するExcelファイルを、OptimusのExcelインターフェースとLMS Virtual.Labインターフェースを活用する事で非常に簡単にシミュレーションプロセスを統合する事ができます。既存のマフラーに対して最適化したマフラーは、6.7%もの改善効果を示しました。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る