HOME

フロントレール溶接の疲労最適化

対象
ボディ
解析機能
構造、統合・最適化、疲労

概要

BMW社における、フロントレール溶接の疲労最適化事例です。
溶接部の長さ、amplitude、frequencyをパラメータとし、フレームの疲労寿命が最大となる溶接部の形状を算出しています。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る