HOME

サスペンションを含むマルチボディ解析とRBDOを考慮した疲労解析

対象
シャシー
解析機能
構造、統合・最適化、疲労

概要

構造解析、マルチボディ解析、疲労解析を1つのワークベンチ上で行った事例です。
複数特性を考慮するには複数のアプリケーションを組み合わせて使用する事になり、労力とコストが大きくなりますが、Optimusだけが搭載している高性能なLMS Virtual.Labダイレクトインターフェースを使用して全プロセスの自動化を容易に行う事ができるようになりました。さらに信頼性を考慮する為の計算上で、Optimusの実績ある分散処理機能を活用する事で、必要な計算時間を大幅に削減しています。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る