HOME

Audi社における車体開発におけるCAEの適用

対象
ボディ
解析機能
構造、統合・最適化、衝突

概要

Audi社での、MSC Nastran、PAM-CRASHを用いた車体開発におけるCAE活用事例です。
事例1では、rear railとrockerのアルミ製の接合部の衝突要件を満足する形状最適化を行います。事例2では、strut braceのNVH要件を満足する質量最小化を行います。事例3では、側面衝突時の側面部材形状の車体センサーへの影響を検討します。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る