HOME

設計上流におけるCADベースのビークルコンセプトモデル複合領域最適化

対象
ボディ
解析機能
構造、統合・最適化、衝突

概要

車両フロント部の衝突およびNVH解析事例です。
FCM (Fast Concept Modeller) というCATIA V5に統合されたツールを用いて、設計上流段階から、形状変更、CAEモデル作成、解析、結果取り込み等一連の流れをシームレスに行います。このFCMはCATIA V5での形状変更後に簡単にFEモデルが作成可能です。CATIA V5, MSC Nastran, Visual Crash Studioの連携とパラレル機能の融合により、2万回の解析による最適解算出に成功しました。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る