HOME

前面衝突解析の2段階(車両全体と部品レベル)最適化

対象
ボディ
解析機能
構造、統合・最適化、衝突

概要

BMW社における、コンポーネントレベルとシステムレベルの2段階での最適化事例です。
コンポーネントレベルでは、重量、コストを考慮しつつ衝突時の乗員のスペース確保を目的とし、最適化後の各コンポーネントをシステムレベルへ反映させます。コンポーネントの最適化の1例として、Differential Evolutionにより1世代当たり64個体で200回程度の計算を実施しています。衝突解析では1回当たりの解析時間が長い為、問題を極力シンプルにして、最適化アルゴリズムのオプションも世代数を減らし総計算回数を低減すると

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る