HOME

エンジン機構の反力最小最適化

対象
パワートレイン
解析機能
構造、統合・最適化

概要

エンジン主要運動部品において回転運動中の反力を最小化した事例です。
ピストン、コンロッド、クランクに発生する反力を最小化する事でよりスムーズな運動機構とすることを目的とし、リストピンのオフセット量、流体軸受けの特性値、フライホイールの質量となどを設計パラメータとし、ピストンやクランクに発生する、軸方向、回転方向の反力を評価しています。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る