HOME

実使用を考慮したブレーキ鳴き現象の最適化

対象
シャシー
解析機能
構造、統合・最適化、振動・固有値

概要

ディスクブレーキ動作時のブレーキ鳴き現象に関して、最適化をさらに発展させた事例です。
製造時における寸法誤差、ブレーキパッドの磨耗、気象条件、潤滑材の有無などの不確定要素をばらつきとして設計に取り込み、これらの不確定要素が存在したとしても使用に耐えうるディスクブレーキの最適設計を行いました。Optimusのロバスト・信頼性設計の機能により、評価している固有値の数値のバラツキが使用条件の範囲内に収まるような最適設計を行なうことができました。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る