HOME

ロバスト性・信頼性手法を用いた自動車サブフレームの最適化

対象
ボディ
解析機能
構造、統合・最適化、振動・固有値

概要

自動車のサブフレームの振動周波数についての事例です。
初期設計では、7次モードが490Hz以下でなければならないというサブフレームの安全基準を満たしていなかった為、最適化によってこの基準を満たすような設計を決定しています。またロバスト・信頼性も考慮しバラツキがあったとしても基準が満たされる設計を探索しています。Optimusが搭載しているロバスト・信頼性手法の有効性が示された事例です。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る