HOME

工数削減を目的としたブレーキ部品用のシール部材設計における解析自動化

対象
シャシー
解析機能
構造、統合・最適化

概要

ビームおよびシェルの有限要素コンセプトモデルを用いた多目的最適化の事例です。
設計初期段階において、騒音・振動を考慮したフルビークルのコンセプトモデリングおよび最適化を実施する為に、事例1では複数の競合する出力や制約を考慮しつつ、重量と構造空間の最小化を実施しています。事例2ではホイールベースの変更による車体フレームの剛性を最適化しています。事例3ではエンジンマウントの剛性を変更する事で車体振動を最適化しています。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る