HOME

コンロッドの寸法変更を伴う形状最適化

対象
パワートレイン
解析機能
構造、統合・最適化

概要

ANSYSとの連携により最大応力を最小化した最適設計を得た事例です。
形状を変更させる為にCADをフローの中に取り込んだ場合、リメッシュの失敗やメッシュ形状が変わる事による数値誤差といった問題が存在します。コンロッドの応力解析においてANSYS ANSYS ParaMeshをフローの中に取り込む事で、CADによる形状変更の必要が無く、形状変更はメッシュのモーフィングによって代用が可能になりました。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る