HOME

精度と高速化を実現したコヒーレント解析

対象
電装系
解析機能
光学・照明

概要

光通信システム伝送解析において、コヒーレント受信、多値位相変調など、最新技術を考慮した解析を行いたい、より現実に近い解析結果を正確・高速に求めたいという問題をスプリット・ステップ時間領域法で解決する方法をご紹介しています。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る