HOME

ブレーキ鳴き解析

対象
シャシー
解析機能
構造、振動・固有値

概要

ディスクロータとパッドの滑りにより起こる自励振動のブレーキ鳴きの解析事例です。パッドの摩擦を考慮したモーダル解析では剛性が非対称マトリクスとなるため複素固有値解析を実施します。これによって系が不安定なモードを抽出することができ、鳴き問題の解決に大きく役立ちます。

課題

  • ブレーキング動作により発生するブレーキ鳴き現象を回避したい。
  • ブレーキ鳴きの発生周波数、振動モードを評価したい。

ソリューション

摩擦係数を設定した面-面接触ペアを使用してブレーキパッドとディスクの間の接触を定義し、パッドとディスクの境界面で発生する摩擦滑り接触を解析します。解析条件としてディスクロータのボルト穴を拘束し、パッドに変位条件を定義します。
また、それ以外にコマンド挿入にて非対称剛性マトリクスオプションを設定し、ディスクロータに回転速度を定義します。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る