HOME

コンロッドの繰り返し荷重における疲労寿命比較

対象
パワートレイン
解析機能
構造、疲労

概要

課題

平均応力の違いにより、どの程度疲労寿命に影響を与えるのかを評価したい。

ソリューション

本解析では、コンロッドに作用する応力負荷が弾性範囲内であることから、応力寿命疲労(高サイクル疲労)の計算を行っています。応力寿命疲労の場合、使用される材料特性はS-N曲線となりますが、ここでは、両振り(応力比R=-1)と片振り(応力比R=0)の複数のS-N曲線データを用いています。


【クリックで画像拡大】

応力負荷が両振りの場合には、R=-1のS-N曲線、片振りの場合には、R=0のS-N曲線から疲労寿命を予測できます。また、平均応力補正理論として、Goodman、Gerberもサポートされており、それぞれの補正理論を使用した疲労寿命評価を行うことも可能です。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る