HOME

コンロッドの異なる形状・材質での疲労寿命比較

対象
パワートレイン
解析機能
構造、疲労

概要

課題

部品の形状および材質を変更したとき、どの程度疲労寿命に影響があるのかを評価したい。

ソリューション

本解析では、コンロッドに作用する応力負荷が弾性範囲内であることから、応力寿命疲労(高サイクル疲労)の計算を行っています。応力負荷は両振りとしていますので、平均応力はゼロとなります。本解析では、材料と形状の変更により、どの程度疲労寿命に影響を及ぼしているかを確認しています。

解析結果は以下のようになります。


【クリックで画像拡大】

材料変更や形状変更のような設計現場で通常よく発生する設計変更により、疲労寿命がどの程度影響を受けるのかをいち早く確認したいとき、 Workbenchのパラメータ解析がそのまま利用可能なANSYS nCode DesignLifeは非常に有効なツールとなります。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る