HOME

補強材を考慮したタイヤの線形構造解析

対象
シャシー
解析機能
構造

概要

タイヤの強度を解析する際には、ベースとなる部分の他に補強材部分もモデル化する必要があります。しかし、補強材部分の詳細なモデル化には、膨大なモデリング工数と計算工数が必要となります。

課題

補強材の特性を考慮したいが、補強材そのものをモデル化するだけのコストをかけたくない

ソリューション

ANSYSを活用することで、スミア補強要素(REINF要素)を用いることで簡便に補強材の特性を表現することが出来ます。
モデリングに特別な操作は必要有りません。ベースとなるソリッド要素やシェル要素に対して、補強材の特性(補強材の材料番号や面積など)を割り当てるだけです。

  • 参照先の材料番号に、非線形の材料特性を定義することも出来ます。
    EREINFコマンドを実行することで、ベース要素にスミア補強要素が生成されます。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る