HOME

ラバーブーツの非線形構造解析

対象
パワートレイン
解析機能
構造

概要

非線形構造解析には「材料非線形」「幾何学的非線形」「要素非線形」の3つの非線形性があります。本事例ではこの3つの非線形性をすべて含んでいます。

課題

  • ゴム(超弾性材料)を使った解析を行いたい。
  • 大きく変形し、接触を伴う解析を行いたい。

ソリューション

シャフトは剛体としてモデル化することで計算コストの低減を図っています。また、シャフトとラバーブーツ間の接触、およびラバーブーツの自己接触を考慮しています。 ラバーブーツが大きく変形すると共に、一部(上部アニメーションの左下部分)が自己接触している様子が観察出来ます。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る