HOME

オーバーヘッドバルブエンジンの弾性体/剛体の機構解析

対象
パワートレイン
解析機能
構造

概要

課題

  • 機械の動きを簡単にシミュレーションしたい。
  • 機械が動いている間の応力状態を観察したい。

ソリューション

カムとプッシュロッド間には接触が定義してあるので、カムの回転によりプッシュロッドに押す力が伝達され、さらにロッカーアームを押し上げる力となって伝わり、バルブを開閉します。 1つのカムシャフトに複数のカムが取り付けられており、吸気用と排気用のバルブが異なるタイミングで開閉される様子が観察できます。
カム等の応力を評価したいパーツのみ 弾性体とし、その他は剛体とすることで解析時間を大幅に節約することが可能です。

さらに詳しい内容は…

本事例のさらに詳しい内容については、以下フォームからお問い合わせください。
この他にも、サイバネットならではの、対象分野や解析領域をまたがる事例も多くご用意しております。

お問い合わせフォーム

自動車業界向け事例一覧へ戻る