3次元アプリケーション合成表示ソフトウェア Fusionシリーズ

複数の3次元アプリケーションソフトを、リアルタイムに一つの3次元空間として表示

「 Fusion(フュージョン) 」は、複数の3次元アプリケーションソフトウェア(OpenGLベース)の描画空間を、リアルタイムに一つの3次元空間として融合し表示する画期的な技術です。
アプリケーションソフトウェアが出力するOpenGL描画情報をリアルタイムに取得して合成表示させるので、データコンバートの必要がなく、オリジナルの描画情報にもとづく忠実なデータ表示が再現できます。

立体視ディスプレイや、CAVE、PowerwallなどのVRシステムへのバーチャルリアリティ表示に対応した「FusionVR(フュージョン・ブイアール)」と、Fusionの3次元合成表示機能を自身のソフトウェアに取り込むことを可能にする開発者向けAPI「FusionSDK(フュージョン・エスディーケイ)」があります。

主な特長

主な特長について紹介しています。

主な特長

FusionVR

FusionVRについて紹介しています。

FusionVR

FusionSDK

FusionSDKについて紹介しています。

FusionSDK

表彰・認定
  • 本製品は、独立行政法人 情報通信研究機構の民間基盤技術研究促進制度の委託業務 「テレ・イマーシブ・カンファレンス・システムに関する研究」の成果を含んでいます。