お問い合わせ

産業向け活用例

to Business

AR/VR産業向けの活用例

設計・製造業や住宅関連産業に広がるAR/VR活用

AR/VR技術の活用は製造業に代表される産業分野でも広がり始めています。「実物を見なければ分からないもの」を映像空間にリアルに表現することで、従来の設計レビューで見落とされていた問題を発見。工数やコスト、品質などを大幅に改善できるからです。では、産業分野でのAR/VR技術の活用例を紹介します。

ソリューション

活用例アイコン

活用例1
設計・デザイン支援VR

課題
設計レビューの検討不足で手戻りが発生、コストも増加

自動車メーカーA社の設計部門では、図面や仕様書をもとに構想設計/詳細設計のデザインレビューを行っていました。しかし、「問題点を見落としやすい」「指摘事項を伝えきれない」「関係者間で完成イメージを共有しづらい」「組み立て作業の検討が不足し、実際の作業に支障が発生」などの問題が頻繁に発生。手戻りによる工数とコスト増加という問題を抱えていました。

関連ソリューション

活用例アイコン

活用例2
作業支援AR

課題
マニュアル頼みの保守・メンテナンスは非効率

業務用エアコンの保守を行うB社では、保守・メンテナンス作業にマニュアルを利用していました。しかし、「何冊ものマニュアルを現場に持っていけない」「マニュアルの表現では分かりづらい作業がある」「点検漏れが多発しやすい」といった問題が発生。さらに、マニュアルでは伝えられない注意事項やベテランのノウハウ・スキルが若手に継承されていないことも課題に上がっていました。

関連ソリューション

活用例アイコン

活用例3
配置シミュレーションAR

課題
購入した家具が部屋のイメージに合わない!のミスマッチ発生

ホテルや飲食店などの商業店舗向けにソファーやイス、テーブルなどの家具を製造・販売するC社。
自社のWebサイトで商品の画像やレイアウトイメージを紹介しているものの、購入者が店舗に家具を置いてみると、「思っていたよりも大きく、圧迫感がある」「何となく全体の雰囲気に合わない」というミスマッチが発生。販売効率とお客様の満足度の低下が問題になっていました。

関連ソリューション

お気軽にお問い合わせください

AR/VRのご相談やお見積り依頼などお気軽にご連絡ください。