HoloLensを利用した整備作業支援システム

プロの整備士の意見を参考にコンテンツを製作した 整備支援アプリケーションの一例です。
表から見えないボルトやワイヤーハーネスの場所や、消耗品等整備カテゴリ別の色分け、ボルトの締め付けトルク値など、整備マニュアルで調べないと分からなかった情報を実際の部品に対して選択的に重畳表示します。 マニュアル内を探す手間が省略できるため、メンテナンス作業時間の短縮が図れます。

また、ハードウェアにMicrosoftのHoloLensを採用することで、今までよりもARコンテンツの提示安定性の向上や表示遅延の減少など体感面もよくなりました。

アプリ制作を相談したい

サイバネットシステムでは、AR技術を使った様々なソリューションを提供いたします。

  • ARを使ってこんなことがやりたい。
  • ARでこんなことはできないの?
など、ARを使ったアプリ、サービスなどをご検討の方、
お問い合わせください。